老後の蓄えは不動産投資で3000万円程度の貯蓄がほしい

一般的に人生における三大支出は「マイホーム」「子供の教育費」「老後の資金」と言われています。豊かな老後を送るのにお金は欠かせません。しかし、老後のマネープランをきちんと考えている人は、あまり多くないのではないでしょうか。

一般の人が得られる収入には、給与収入、年金収入などがありますが、リタイア後は当然ながら給与収入が途絶えます。年金収入に関しては、期待しないほうがいいのは言うまでもないでしょう。将来、受給額が目減りしていく可能性があります。

この状況に対して何も対策をとらずにリタイアの日を迎えてしまっては、安心してセカンドライフを送ることはできません。老後に備えて十分なお金を蓄えるか、もしくは不動産投資などで年金以外の収入源を持つ必要があります。


総務省の「家計調査」によると、高齢者の夫婦2人世帯の平均的な消費支出は20万~24万円で、それに対して収入は19万~22万円とあります。収入より支出が多く、毎月赤字が発生し、貯金を切り崩しながら生活せざるを得ない状況であることがわかります。

また、一般に引退する時点で最低でも3000万円程度の貯蓄が必要と言われています。それでもおそらくギリギリのラインであり、ゆとりある老後など望むべくもありません。

最近のブログ記事