2011年5月アーカイブ

ノミやダニなど犬の寄生虫の駆除

犬に寄生虫を寄せつけないための薬や、生存力のある卵を産ませなくすることによって繁殖サイクルを止めてしまう素晴らしい製品が市販されています。

その地域にもっとも適した方法を、獣医師がアドバイスしてくれるでしょう。寄生虫がすでにいる場合には、ノミの場合もシラミの場合も、殺虫液に浸す(浸液、薬浴)のがいちばん効果的な駆虫法です。

万一、犬に多数の寄生虫が感染しているときには、寄生虫はただ犬の毛のなかに潜んでいるだけではなく、犬を餌にしているのだということを思い起こしてください。犬に感染した寄生虫を駆虫するだけでは問題は解決しません。

寄生虫は、家や裏庭など、環境中にたくさんいるのですぐまた戻ってきます。ノミやダニの数を減らすためには、成虫だけでなく、卵や幼虫も駆虫しなければなりません。

いろいろな方法があるので、獣医師に相談して気候や地域にもっとも適した方法でこうした害虫を退治するとよいでしょう。

チワワの病気や健康管理
日本のGDP(物価変動を調整していない名目ベース)の推移とFXのドル/円相場を比べたものを見ると分かりますが、GDPの成長と円の上昇が同じようなラインを描いています。

オイルショック以降は安定成長期に入り、1974年度からバブル経済の崩壊が始まる直前の89年度までのGDP成長率の平均は3.6%。

この間、日本では徹底したコスト削減によって輸出型企業が強い国際競争力をつけましたが、対米輸出の増加が貿易摩擦をもたらし、プラザ合意を機に急激な円高へと向かいます。

1990年のバブル経済崩壊後は長期にわたる不況に入り、1991~2008年度までのGDP平均成長率はたったの1.0%でした。

TAMURA式ワンミニFX

このように、長期でみると日本は着実に経済成長を遂げています。1971年に1ドル=360円だったドル/円レートが、2009年現在では100円前後と3倍以上、円の価値が高くなっています。

日本のGDPは1990年代半ばから500兆円前後で頭打ちになり、それとともにFXのドル/円相場も横ばいになりました。日本はGDP低成長期に入り、米国を追い上げる状況ではなくなったのです。


からだの病気が原因で口臭が強くなる場合があります。

最も多いのが、副鼻腔炎(蓄膿症)、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、咽喉頭癌などの、鼻やのどの病気です。副鼻腔炎による膿がのどの奥へたれてきたり、咽頭部分の深いヒダに膿の粒(膿栓)がたまりやすくなったりした場合、口臭が強くなります。

伊藤潤一式の口臭消滅プログラム

膿栓は無理にとろうとすると粒が破れてかえって口臭が強くなり、咽頭を傷つけることがあるので、耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

また、化膿性の気管支炎、肺膿瘍、肺癌、肺のカンジダ症などの、気管支や肺の病気が原因となっている口臭もあります。