不妊症検査や体外受精では卵管内視鏡という検査があります

不妊症検査や体外受精では卵管内視鏡(ファロポスコピー、またはザルピンゴスコピー)という検査があります。

子宮から極細のスコープを卵管内に送り込んで、主に卵管腔内の病変を調べます。卵管粘膜の癒着などが卵子の輸送を妨げていることがあります。ある程度の癒着はこの検査でとれます。

一般に、腹腔鏡と同時に行うところが多くなっています。

また超音波を子宮や卵巣に送り、音波の跳ね返る状態を映像にする検査もあります。卵巣での卵胞の発育や卵巣嚢腫、子宮筋腫の診断に使われます。

譚定長の不妊解消【妊娠成功ガイドブック】

排卵障害の治療や体外受精のときに排卵誘発剤を使いますので、卵胞発育を判定するためにこの検査は重要です。

腹壁や腔の奥に超音波を発進するブローーブという装置を当てるだけですので、痛みはありません。

子宮内膜の増殖度を判定するのに使われますが、これだけでは内膜機能不全の詳細はわかりません。妊娠後の胎児発育の観察にはぜひ必要な検査です。

いろいろ検査があって複雑ですが、元気な赤ちゃんの妊娠のために頑張って受けましょう。

最近のブログ記事