犬のしつけ成犬になってから突然噛みついた場合

子犬の時期には噛みぐせなどなかったのに、ある日突然噛みつくようになってしまったということが成犬にはよくみられます。

成犬になってから突然噛みついた場合は、何か特別の状況が犬に起こった時でしょう。犬は条件反射によって行動する面も持ち合わせているので、いやな思いをした時と同じ条件になった場合、恐怖感から噛みつくことがあります。

突然噛みつくようになったなら、日頃からよく観察をして、何に反応しているのかを早くみつけ、噛みぐせにならないうちに対処しなければなりません。

(参考サイト)犬のしつけがQ&Aで分かる!

ケージに入るのを嫌がって噛むような場合は、犬の好きな食べ物を使って入れます。

犬に食べ物を見せて、ケージの中に誘い入れます。入るのを嫌がって怒って噛む犬も、この方法だと簡単に入ります。

手に犬の好きな食べ物を少しもちます。

1、食べ物の臭いを犬にかがせましょう。食べ物をもった手をケージの中に入れて、犬を誘います。この時、犬に「ハウス」と命令します。

2、犬が食べ物をもった手に集中しているかどうかを確認します。犬が集中していたら、食べ物をケージの奥の方に投げ入れます。 手前に投げると、犬は扉を閉める前に食べきって、ケージから出てきてしまいます。

3、犬が食べ物を追ってケージの奥に入ったら、ずぐに扉を閉めます。犬の後ろ脚をはさまないようにしましょう。犬が出てこないうちに、素早く閉めるのがコツです。


 

最近のブログ記事