2011年9月アーカイブ

無料ブログの全ての記事がアフィリエイトに関する商品紹介では、どうしても宣伝広告色が強くなってしまいます。

小澤竜太の【アフィリエイトディスカバリー】

読者が求めているのは自分に有益な情報で、アフィリエイトの商品を買ったり、申し込んだりすることではありません。

比較型やショップ型の場合はすべてがアフィリエイト商品紹介でも不自然ではありませんが、情報提供型のホームページやブログの場合は、テーマに関する情報なら、アフィリエイトに関係なく紹介しましょう。

アフィリエイトに関係のない情報を多く入れたブログ、ホームページでは、その情報に関心がある人が、ふとクリックしやすい、コンテンツマッチ型でクリックだけで課金されるGoogle AdSenseが向いています。


アフィリエイト用のリンクにもいろいろなスタイルがありますが、どのタイプが良いのでしょうか。

リンク先の違い、デザイン的な違いなどによって、目的や性質が異なります。とくに知っておきたい特徴的なものを紹介しますので、適材適所で利用しましょう。


品リンクは商品に直接飛ぶ、販売直結型
指定した商品に直接リンクするタイプです。一般の広告にあてはめれば、店頭において目を引く商品ディスプレイにあたります。

形としては商品の写真がリンクボタンになるもの、「詳しくはこちら」などと書かれたボタン、文字だけのテキストリンクなどいろいろあります。

ショップ展開に欠かせない商品リンク
擬似ショップでアフィリエイトをするときに欠かせないのがこの商品リンクです。とくに商品写真をリンクボタンとして使えば、ほとんど一般のショップと見分けがつきません。

商品リンクを利用する場合には、自分の言葉による商品紹介が欠かせません。単に写真や商品名のリンクを並べただけでは売れませんし、自分の紹介の仕方次第で売れることが醍醐味でもあります。

検索ウィンドウは便利で人気
アフィリエイト用リンクの中には検索ウィンドウのタイプもあります。自分で探したいものを見つけられるので訪問者にも重宝がられます。ぜひ、取り入れたいもののひとつです。

テキストリンクはクリック率が高め
文字だけのテキストリンクはホームページの記事の中にさりげなく配することができ、一般の広告でいえば、記事広告のような使い方ができます。

広告臭さを感じさせてしまうバナーよりもさりけなく、意外にクリック率が高いリンクです。

テキストリンクの文字の内容はECサイト側で用意したキャッチフレーズ、ショップ名や商品名などいろいろです。

広告バナーはイメージやキャンペーンPR用
バナーとは英語で横断幕を意味する言葉で、そこから横長の広告用画像を広告バナーと呼ぶようになりました。

いまでは形もいろいろで、小さな広告スペースとして、キャッチフレーズやイメージ画像などがレイアウトされた画像を指します。