先進国において、うつ病は急増

先進国において、うつ病は急増しており、うつ病は代表的な現代病のひとつと言えます。

的過労、妊娠、出産、思春期、更年期、老年期の身体的変化が加わった時に、日常は代償されていた体質的脆弱性が進行、固定して、うつ病の精神症状や身体症状が出現していると考えられています。

また、情報化・国際化か進む事によってコミュニケーションの方法が発展しているその一方で、複雑な対人関係のストレスもまた増えているのです。

都市化・近代化が進み、さまざまな分野で種々のストレスが増大しています。

もっと、執着性格やメランコリー型性格の人に、環境の変化、精神的苦痛、心理的葛藤等が加わったり、身体疾患、身体
つまり、うつ病の人は何らかの体質的素因を所有していると考えられます。

うつ病の社会文化的要因としては、社会・文化の急速な発展があります。

うつ病に効く薬とは

最近のブログ記事