うつ病症状から早めに察知して予防の先手を打って行く

休めといっても休まない。やるなといってもやってしまう。結局無理をしてまた調子を崩す。それなら自分で好きなようにしろ。勝手にしろと思ってしまうのですが、うつ状態の人が休憩を取れないでいるのには、二つの理由があります。

一つ目は焦りです。

「じっとしていると命が危ない、何とかもがけ」と指令しているからです。

もしあなたが「死ぬかも知れない」状況で、「何もするな」と言われて、そうできるでしょうか。うつ状態の人の焦りはそんな切羽詰まった焦りなのです。

うつ病 症状から早めに察知して、うつ病 予防の先手を打って行きましょう。

別の言い方をすれば、うつの苦しさは、「やめようと思っても考えてしまう」「休みたいのに休めない」という苦しさなのです。

ですから、「焦ることはないよ。ゆっくりしてもいいんだよ」と言われても、「それは当事者でないからそんな悠長なことを言っていられるんだ」と無意識のうちで否定されてしまうのです。

もし、うつ病を性格や血筋などのせいにしてしまうと、患者は「今回は何とか運良く乗り切れたが、性格が変わらない限りまた自分はうつ病になるのだ」と考え、不安を消すことができません。

これが、うつ病 予防を遅らせてしまいます。

うつになった人が、免疫ができて二度と、うつ病 症状にならないのかというとそんなことはありません。しかし、ではうつ病になりやすくなったのかと言うと、これもそんなことはないのです。

心の対応の仕方や、休息の重要性を自然に学んだからかもしれませんね。

最近のブログ記事