身体の健康や美容についてもっと知りたいの最近のブログ記事

ニキビやアトピー治療は保温外用薬によるスキンケアが中心になります。

ニキビやアトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能・生理機能の低下によるドライスキンが原因の一つです。

もともと生まれもった体質なので根本的に治すことはできませんが、保温外用薬を使って皮膚の角層(角質層)の乾燥を防ぐことで、バリア機能・生理機能を補っていきます。

ニキビは皮膚科に行かなくても、ニキビ体質 治し方を学べば自分で治すことができますので、まずはそれを正しくやることです。

しかし、ニキビ ブログを見ただけの大人のニキビケアに自己流は禁物です。青春のシンボルと言われるニキビですが、しかし、そのニキビが大人になって発症し、なおかつ治りにくいという女性が現実に大変増えているのです。

ニキビで皮膚科に来た20代以上のニキビに悩む女性たちを対象にしたアンケート調査でも、半数近くの人が思春期にはニキビがなかったと回答していて、また、それ以外の人の多くも、思春期にニキビはあったもののいったんは治まり、20歳を過ぎてから再びニキビ体質がひどくなってきたと答えています。