ネットビジネスをもっと知りたいの最近のブログ記事

ツイッタードメインは、すでに存在するドメイン名と組織属性まで全く同じ場合には、取得することができません。

商号と商標も原則として、他社の商号や登録商標の取得はできません。商号は、会社や個人事業主などが営業をするために自分を示すものとして表示する名前で、通常の企業名がこれにあたります。商号は、音に出して読めるものでなければ登録できません。

このほか、すでに登記されている商号と同じ商号で、会社の本店事務所が同じ所在場所であるときには、登記できません。そのため、所在場所が違う場合には、同一か類似の商号が登記されていたとしても、それを理由に商号の登記が受けれらないわけではありません(ただ、不正競争防止法などにより損害賠償を請求される恐れはあります)。


他方、商標の場合、全国に同じ商標は1つしか登録が認められませんし、類似している商標も認められません。ただ、商標は、商品とサービスの種類によって細かい分類がなされています。

商標を申請する場合には、同一あるいは類似した商標がすでにある場合でも、区分が異なれば、これを理由として登録を拒絶されることはありません。

商標は音読できない記号なども登録できます。商標が登録されると(特許庁に申請します)、商標権が発生し、他者が同一か類似した商標を使った場合には差止請求や損害賠償請求ができます。


以上のように、商号と商標は異なるものですが、ツイッタードメインを取得する場合には、これらの名称とのかかわりも考慮しなければなりません。

商標は、商品やサービスなどが異なるもの同士が同じ商標を使っても、問題は生じません。ただ、商業的な目標でツイッタードメインを取得する場合には、組織属性がすべて「co」となってしまうため、他業種であった企業同士が同じツイッタードメインを取得したいという場面が多く出てくるのです。

このような場合、ツイッタードメインは先に申請したほうの登録を認めるのが原則です。