犬の飼い方を知るの最近のブログ記事

犬 噛む しつけをしておかないと、ミニチュアダックス 飼い方も大変なものになります。

遊んでいる時に、犬が興奮して噛んでくることがあります。ミニチュアダックス 飼い方では、遊びだからといって放っておいてはいけません。

たとえ遊びでも、噛んだら叱ります。また、叱ったり、叱らなかったりすると、犬 噛む しつけの効果が無くなってしまうのです。

ミニチュアダックスにしてみたら、何を叱られているのか意味が分からなくなってしまいます。噛んだらその度に叱りましょう。

トイプードル 飼い方を頑張ってますが、藤井聡さんの犬のしつけDVDの評判が気になっています。

メス犬で陰部から血が混じった液体が出てくる場合で、愛犬に子宮蓄膿症の疑いがあるときには、すぐに獣医師に診察してもらうことが重要です。

トイプードル 飼い方で愛犬を救うためには卵巣を除去する緊急手術が必要になるのがふつうだからです。

開いているケースでは薬物治療を行うこともあります。トイプードル 飼い方において、麻酔と大きな手術は危険度が高いと思われるときには、薬物治療がのぞましいでしょう。

ノミやダニなど犬の寄生虫の駆除

犬に寄生虫を寄せつけないための薬や、生存力のある卵を産ませなくすることによって繁殖サイクルを止めてしまう素晴らしい製品が市販されています。

その地域にもっとも適した方法を、獣医師がアドバイスしてくれるでしょう。寄生虫がすでにいる場合には、ノミの場合もシラミの場合も、殺虫液に浸す(浸液、薬浴)のがいちばん効果的な駆虫法です。

万一、犬に多数の寄生虫が感染しているときには、寄生虫はただ犬の毛のなかに潜んでいるだけではなく、犬を餌にしているのだということを思い起こしてください。犬に感染した寄生虫を駆虫するだけでは問題は解決しません。

寄生虫は、家や裏庭など、環境中にたくさんいるのですぐまた戻ってきます。ノミやダニの数を減らすためには、成虫だけでなく、卵や幼虫も駆虫しなければなりません。

いろいろな方法があるので、獣医師に相談して気候や地域にもっとも適した方法でこうした害虫を退治するとよいでしょう。

チワワの病気や健康管理

垂れ耳の犬と立ち耳の犬の健康

犬の内耳は人間の内耳と同じ構造になっています。
外耳(耳介)の形はピンと立っているものと、垂れてヒラヒラしているものがあります。

垂れ耳の犬は、ピンと立った耳の犬よりも耳に感染が起こりやすくなります。特に毛深い耳の犬は感染しやすいのです。

バセット・ハウンド、アイリッシュ・セッター、レトリーバー種、スパニエル種、プードル種など、長い垂れ耳の犬は、空気の通りが悪く、耳の開口部に毛がつまってしまうことがあります。

垂れ耳の犬は耳介を怪我しやすく、ピンと立った耳の犬は、春や夏に戸外で多くの時間を過ごす場合、虫に剌されやすい傾向があります。

柴犬の飼い方・育て方・しつけ方を解説!