犬のしつけ方を知るの最近のブログ記事

犬のしつけトイレでは、犬が排泄したのを見届けたなら、ベッドを入れてあげます。

連れて来た日は、環境の変化から子犬は興奮状態で疲れていますから、ゆっくり寝かせるようにしましょう。

気になるからといって、家族が代わる代わるのぞかないように!神経質になり過ぎて、暑い季節にもかかわらずベッドに季節に不釣り合いなほど敷物をいれると、犬はベッドに入らず、トイレシーツの上に寝るようになってしまいますから、季節をよく感じとりましょう。

犬のしつけトイレで、犬がトイレの場を覚えるには、犬によってそれぞれ期間が違いますし、いつ確実に自覚できたかがわかりませんから、いつでもサークルに行ってトイレできるようにしておきます。

犬トイレしつけ方は難しいのです。
簡単ではありません。
犬のしつけ散歩で犬が引っ張る場合の対処法です。

ズルズルとした引き方では、犬は何を教えられているか理解できません。

犬が引っ張ってリードがピンと張った状況で引き戻そうとしても、綱引き状況になって効果はありませんから、その場にしっかりと踏みとどまって、思い切ってリードを長さ一杯に延ばしてしまいます。

大胆(おおらか)で物事に動じない性格のタイプの犬はあまりの大きな問題なのはありませんが、時としてマイペースで動く為に、歩調を変えるトレーニングの時に、自分のペースで歩く事をします。

でも、延び切る寸前で、弾みをつけるように一斉に引き戻します。

トイプードルの散歩のしつけ方

犬のしつけ散歩で他の犬に出会ったら

犬が来たなら、ドキドキせずに毅然とした態度で愛犬を威圧的に見ながら歩調を変える事なく歩きます。

夜の散歩はほかの犬に出合う確率は少ないでしょうが、ほかの悪条件が多過ぎるのではないでしょうか。

やはり、健康的に太陽の元でのびのびと散歩をしてほしいものです。リードはいつであっても引けるように心の用意をしておきます。「行くなら実施してみなさい」というぐらいの心構えで歩いた方が良いでしょう。

意外とこの無言の威圧感が愛犬に通じるものです。

リードをしっかりと持ち、いつほかの犬に出合っても慌てる事のないように、まず心構えをしっかりと持ちます。

堀川春広の犬のしつけの結果

子犬の時期には噛みぐせなどなかったのに、ある日突然噛みつくようになってしまったということが成犬にはよくみられます。

成犬になってから突然噛みついた場合は、何か特別の状況が犬に起こった時でしょう。犬は条件反射によって行動する面も持ち合わせているので、いやな思いをした時と同じ条件になった場合、恐怖感から噛みつくことがあります。

突然噛みつくようになったなら、日頃からよく観察をして、何に反応しているのかを早くみつけ、噛みぐせにならないうちに対処しなければなりません。

(参考サイト)犬のしつけがQ&Aで分かる!

ケージに入るのを嫌がって噛むような場合は、犬の好きな食べ物を使って入れます。

犬に食べ物を見せて、ケージの中に誘い入れます。入るのを嫌がって怒って噛む犬も、この方法だと簡単に入ります。

手に犬の好きな食べ物を少しもちます。

1、食べ物の臭いを犬にかがせましょう。食べ物をもった手をケージの中に入れて、犬を誘います。この時、犬に「ハウス」と命令します。

2、犬が食べ物をもった手に集中しているかどうかを確認します。犬が集中していたら、食べ物をケージの奥の方に投げ入れます。 手前に投げると、犬は扉を閉める前に食べきって、ケージから出てきてしまいます。

3、犬が食べ物を追ってケージの奥に入ったら、ずぐに扉を閉めます。犬の後ろ脚をはさまないようにしましょう。犬が出てこないうちに、素早く閉めるのがコツです。


 
犬の食べ物への執着も、「あなたのごはんは誰もとらない」のだということを教えていけば大丈夫ですし、母犬には、「子犬を取り上げたりしないし、ましてや危害を加える気などまったくない」ということを、根気よく伝えていくことで解決します。

他のさまざまなケースも、一つ一つ丁寧に、犬との間に信頼を築いていくことで解決するはずです。

ただし、十分に注意が必要なのは、長い間かけて築いた信頼も、一度の失敗で崩れることが、ままあります。神経質な性格の犬の場合には特にチワワ犬のしつけは気をつけてください。


トイプードル犬のモモちゃんは、毎日ママと散歩に行くのが大好きです。でも、犬の散歩の途中、必ず会うご婦人がどうしても好きになれません。彼女はとても大好きで、自分でもポメラニアンと柴犬という微妙な組み合わせをこなしているツワモノです。

彼女はモモと道で出会うと、かなり激しいあいさつをするのです。「ま-! モモちゃん、今日はご機嫌はいかが!? キャ~、いつ見てもなんてかわいいんでしょ!!」とギュッとモモを抱きしめます。

トイプードルの飼い方・育て方・しつけ方を解説!

近頃では、モモは片足を上げ、目を背けて伏せ、ジッと耐えることにしていますが、ご婦人の反応は初対面の時から変わりません。ママもモモのボディランゲージと気持ちがわからないのか、止めてくれません。

モモは、この体罰とも言えるあいさつにいつまで耐えなくちゃならないんだろう? と犬のストレスがたまりぎみです。