強迫性障害・うつ病の対処法を知るの最近のブログ記事

パニック障害に陥ると

治療に用いる抗うつ薬と言われるものは、うつ病の症状の主要な要素と言われている、たくさんの脳内情報伝達物質の均衡状態の乱調を改善する作用が期待できる。

適応障害の治療の一環という形で、薬を使った治療法として抗不安薬等々が処方されるわけですが、どちらにせよ対処療法という意味しかなく、根本的な治療とは全然違います。

強迫性障害を克服する一つの方法として、「具体的に苦しい体験に頑張ってもらう」というエクスポージャーという名称知られる方法も有名です。

パニック障害に陥ると、医者では薬の服用を勧められると聞きますが、これについては症状を短時間抑止できたとしても、望ましい治療や克服とは言えないという事を覚えておいて下さい。

パニック障害に関しましては、命に影響を及ぼす病気じゃなくて、長期に亘ることもよく見受けられますが、できるだけ早く望ましい治療を行なったら、元気になれる精神病であると言われました。金本博明の【自律神経失調症・パニック障害改善プログラム】を参考にしてほしいです。

抗うつ薬を利用していようとも、元々の原因であると断定されているストレスを抑制しなければ、うつ病を克服することは、何をしようとも困難なのです。

対人恐怖症を治療するための薬と言ったら、SSRIと名付けられた抗うつ薬が効き目があり、ストレスのある状況でも、不安を軽減させるように作用します。処方箋通りに利用することで治癒していくのです。

数多くの人々が患ってしまう精神病といわれていますが、近年の調査を確認してみると、うつ病の症状が出たとしても70%を超す方々は治療を放棄していたことが公表されていると聞きました。

今では、強迫性障害の治療の際は、強迫性障害の導因の一種と類推されている「セロトニン変調」を回復させるのに役立つ薬品を調合します。

なぜ対人恐怖症に見舞われてしまったのかも理解できないし、どのようにすれば克服することができるのかに関しても考えられないけど、必ずや「克服するぞ!」と自分を奮い立たせていました。

うつ病のみならず、精神病の治療を目論んでいるなら、結局のところ親兄弟は勿論、周辺の人々の支援と理に適った関連性が大事だと考えます。

うつ病の他に人との係わり方における苦労、加えて心に困難のある方の克服方法を提示していたり、問題に関しまして色々アドバイスをくれるWEBサイトもあるとのことです。

対人恐怖症も、当然治療の開始が遅れれば遅れるほど、病気の状態が難病化だけじゃなく固定化しやすく、アルコールを筆頭とする依存症あるいはうつ病などを同時発生するリスクが持ち上がります。

適応障害を治療するという意味は、病気の人ができる範囲でピリピリするケースを取り除くのではなく、進んでそのような状況などに対応できるよう、医学的な支援をすることにあると教えられました。

適応障害とされるのは、満足できる精神治療を受ければ、2~3か月もあれば以前の状態に戻ることがあらかたで、薬品はしばらく補助的に用いられます。
■強迫性障害とは何か

不安がとても強くて、外出時に戸締りなどの確認行為を1時間ほど続け、会社に遅刻したり、電車のプラットホームで「自分が飛び込んでしまうのでは......」という強迫観念が湧いてきたりなど、確認行為や強迫観念が頻繁に出現する不安障害を強迫性障害と言います。

幼少期に強迫性格の強い親に育てられると、その子どもの多くは強迫的な性格を形成しやすいと考えられています。とくに過干渉傾向の強い親に育てられた場合、その傾向はいっそう強くなるとされています。

幼少期にいったん形成された強迫傾向は、成人後に修正するのはきわめてむずかしいと言われています。

日本人は欧米人に比べ、几帳面、生真面目で責任感が強い民族であると言われていますが、これらの特性は日本人特有の強迫性格に起因しているとされています。

日本人は総じて強迫的傾向が強く、外国などで待ち合わせをすると、日本人は時間どおり遅れずにきっかりやってきますが、いいかげんな欧米人の場合、時間に対する切迫性(強迫性)は日本人ほど強くないので平気で遅れてきたりします。

強迫性障害の治療には、薬物治療と精神療法のいずれも用いられますが、その効果はあまり期待できません。最近、抗うつ薬であるSSRIが強迫性障害に有効であるとする報告が散見されますが、臨床の現場ではあまり期待できないのではという意見が少なくありません。

強迫性障害の根本治療には、脳の認識プログラムの修正が必要です。そこで、本田雅人さんの本田式・強迫性障害改善プログラム解説サイトがおすすめになります。

■外傷後ストレス障害とは何か

ベトナム戦争の帰還兵が米国に帰国後に、殺戮を繰り返した悲惨な戦争体験がフラッシュバックし、不眠に陥ったり、感情が麻疹したりなどのさまざまな不安症状が続く状態がPTSDの典型例とされています。

わが国では阪神大震災の被災者が、震災後にわずかの余震でも大震災のときの悲惨で怖い体験がフラッシュバックしたことで有名です。

また幼少期に両親から虐待を受けた子どもが、その後の人生のなかで、その記憶を呼び覚ます事象や映像などによって、不安症状がフラッシュバックする場合もPTSDです。

■社会不安障害とは何か

大勢の人前で話をしようとすると、あまりにも緊張してしまい、足ががくがく震えたり、声が震えたりして生活できないなどの症状が出てきます。

大勢の人前でなくても対人場面で極度に緊張し、どもったり、言いたいことが言えなくなったりする状態は社会不安障害の典型例です。

外見だけからすると、「本当に緊張しているの?」と思いたくなるような人が社会不安障害で苦しんでいることが少なくありません。

治療はパニック障害に準じ、薬物治療と精神療法です。薬物治療でもパニック障害と同様に抗不安薬、抗うつ薬である選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)が使われています。

■全般性不安障害とは何か

不安障害のなかでも、不安の対象が不明確であり、漠然とした不安を感じることしかできません。抗不安薬を中心とした薬物治療が有効であり、不安障害のなかでは軽度の部類に入る不安障害です。
「いつも『うつ病が治るのだろうか』と聞かれる。『良くなっているよ、治っているよ』と言うと『そんなことはない』と口論になる。また、『自信がない』が口癖。学校も辞めたいと言う、どうしたらいいでしょう」という質問です。

うつ病リハビリ期の当事者がやたらに自信をなくしているのには、いくつかの理由があります。

■マイナス記憶の積み重ね

うつ病状態では、過去と未来がまるで色眼鏡をかけているように、とても否定的に見えてしまいます。

人は、記憶を蓄積する際、その記憶に伴う評価も一緒に保存してしまいます。保存された記憶は、もしその時点での評価が「このことでは痛い目に遭った」というものであれば、無意識のレベルで、現在のあなたに「あのことに気をつけろよ」という指令を与え続けるのです。

入社一年目のとき、自分が三日間かかった仕事を、「○○さん(20年のベテラン社員)なら半日でやれるぞ」と発破をかけられた、という人がいます。そのときはうつ状態になっていたので、今思うと当たり前のことなのに、「自分はだめな人間だ」というレッテルを貼ったまま記憶されてしまいました。リハビリ期の今も、自分は能力がないという感じがしてしまうのです。

このように元気なときの視点なら「運が悪かっただけではないか」とか「大したことではない」「自分が悪いわけではない」と思える出来事でも、実際、同じような場面になると、過去に記憶されたときの評価が無意識に表面化してしまうのです。

コンピュータを買った当初、あなたがまだ何もわからないうちに、いくつかの設定をしてしまったとしましょう。そして今はそのことを忘れています。

あなたは、最近どうもコンピュータの使い勝手が悪いと感じていますが、もともとこんなものなのだろうとあきらめています。使い勝手が悪いのは(自分でやった)設定のせいなのですが、意識してそこを探り設定を変えない限り、今のコンピュータの動きで我慢するしかないのです。

古い記憶に付随する評価の影響は、このコンピュータの設定のようなものなのです。人の生活を不自由にしている。どうしてそう感じ、考えるのか自分でもわからない。うつ病の症状に注意しましょう。

うつ病の症状として過去のつらい記憶は、このように現在のあなたの反応に深い影響を与えるのです。

休めといっても休まない。やるなといってもやってしまう。結局無理をしてまた調子を崩す。それなら自分で好きなようにしろ。勝手にしろと思ってしまうのですが、うつ状態の人が休憩を取れないでいるのには、二つの理由があります。

一つ目は焦りです。

「じっとしていると命が危ない、何とかもがけ」と指令しているからです。

もしあなたが「死ぬかも知れない」状況で、「何もするな」と言われて、そうできるでしょうか。うつ状態の人の焦りはそんな切羽詰まった焦りなのです。

うつ病 症状から早めに察知して、うつ病 予防の先手を打って行きましょう。

別の言い方をすれば、うつの苦しさは、「やめようと思っても考えてしまう」「休みたいのに休めない」という苦しさなのです。

ですから、「焦ることはないよ。ゆっくりしてもいいんだよ」と言われても、「それは当事者でないからそんな悠長なことを言っていられるんだ」と無意識のうちで否定されてしまうのです。

もし、うつ病を性格や血筋などのせいにしてしまうと、患者は「今回は何とか運良く乗り切れたが、性格が変わらない限りまた自分はうつ病になるのだ」と考え、不安を消すことができません。

これが、うつ病 予防を遅らせてしまいます。

うつになった人が、免疫ができて二度と、うつ病 症状にならないのかというとそんなことはありません。しかし、ではうつ病になりやすくなったのかと言うと、これもそんなことはないのです。

心の対応の仕方や、休息の重要性を自然に学んだからかもしれませんね。

先進国において、うつ病は急増

先進国において、うつ病は急増しており、うつ病は代表的な現代病のひとつと言えます。

的過労、妊娠、出産、思春期、更年期、老年期の身体的変化が加わった時に、日常は代償されていた体質的脆弱性が進行、固定して、うつ病の精神症状や身体症状が出現していると考えられています。

また、情報化・国際化か進む事によってコミュニケーションの方法が発展しているその一方で、複雑な対人関係のストレスもまた増えているのです。

都市化・近代化が進み、さまざまな分野で種々のストレスが増大しています。

もっと、執着性格やメランコリー型性格の人に、環境の変化、精神的苦痛、心理的葛藤等が加わったり、身体疾患、身体
つまり、うつ病の人は何らかの体質的素因を所有していると考えられます。

うつ病の社会文化的要因としては、社会・文化の急速な発展があります。

うつ病に効く薬とは